鍵穴に接着剤を流し込まれた経験

keyhole_adhesive鍵穴というのは非常に重要なツールです。防犯の要所となるのはもちろんのこと、ここの不具合はその建物への出入りという基本的なルーティーンの不具合と直結しており、そのこと自体が起こす影響は計りしれません。

クラッキング耐性評価サービス|情報保護とDRMのサイファー・テック株式会社

思えばカギと錠前ほど日常的に使用されていながら、他に代替物がないというものも珍しいのではないでしょうか。わたしたちがカギと錠前の重要性に気が付くのは、それらが紛失などのなんらかの不具合を生じたときですが、これはカギと錠前が普段いかに「正常に機能すること」が当然とされているかを物語っているとも言えるでしょう。
ですから鍵穴に対する悪意ある行為というのは盲点となることがしばしばあります。それは「防ぎ難い」という意味でも非常に厄介な問題なのです。

東京の防犯、防犯相談や防犯診断、防犯対策は「東京都セキュリティ促進協力会」にお任せください

カギと錠前は通常、正常に作動しているものであり、それが意識されることはあまりありませんが、ひとたび不具合が生じれば、特にマンションやアパートなどの集合住宅では由々しき事態をも引き起こします。こういったところでは、当然共有部の扉のカギなどが住民全体で統一されており、これを交換する費用もまた高額負担を強いられるからです。

横浜 鍵開け

実際に起きた事件として、こうした不具合を人為的に起こしたケースがあります。マンションの錠前などを請け負う業者が、自社担当のマンション設備の鍵穴に接着剤を流し込み、カギの交換依頼を発生させていたのです。
頻発する穴へのイタズラの犯人を捕まえてみたら、カギを交換する業者だったという、いわば「マッチポンプ」の犯罪ですが、こうした行為も、鍵穴への細工が比較的容易に行えることが原因であると考えられるでしょう。
カギを差し込んで解錠する以上、外側に鍵穴があるのは構造上避けらない弱点となります。卑劣な犯罪行為は許し難いものですが、暗証番号型の電子制御ロックのセキュリティーを導入することで、鍵穴のないカギをこうした事態に対応させることもできると言えます。